chouchou

瀬戸芸 〜本島8〜

Posted by ROKO on   0

作品No.ho 12

起動(革命グラウィタス)/パラベンツ(屏風)/引力の反映

作者:アリシア・クウ“ァーデ

A45E2E94-A976-47EC-AD90-23DAE2191B02.jpeg

塩飽大工の建てた伝統的な建物の中で、実像と虚像が交差する独自の世界を表現する。

本島の石を使って惑星の起動や宇宙をイメージさせる一方で、鑑賞者が作品の一部になりえる仕組みで表現を強調する。

3B82FAB1-36BE-470D-BACD-5238CF67FE21.jpeg


次は、本島保育所、幼稚園の子供たちの力作作品

15FFEB4F-CE74-482C-BAA6-0E5D808120D4.jpeg

最後は、ふと目についた空き家の壁、

こちらは、今は亡き左官屋さんのお宅の壁らしい。

腕の良さが自慢の方だったのであろうと思われた。

4EE26C5A-7DFB-4C47-ACC5-743834FC3775.jpeg
撮影日:2019/10/22    

訪問ありがとうございます😊

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島7〜

Posted by ROKO on   0

作品No.ho 06

『咸臨の家』                         
                                                                                                               眞壁陸二
11936A12-AC85-4D58-9F3B-DF683D5D3B21.jpeg1B5B0C4A-F90E-4385-A916-2EAF202A7A10.jpeg

咸臨丸水夫の生家を舞台に屋外や壁画、室内に水鏡を設置した。
船上の平等を意味する「咸臨」は価値観や文化等の違いを認め合う事を表現している。 


本島地図(パンフレット)👈より引用

8D7A48B0-A240-458E-AD11-DA32372D8813.jpeg



塩飽(しわく)勤番所

「塩飽勤番所は、塩飽領を統治する役所として1798年(寛政10年)に建築されました。当時3人の年寄(としより)が、交代で勤務したので勤番所といいます。
勤番所とよぶ建物は、全国でここ本島にしか残っていない貴重な歴史遺産で、1970年(昭和45年)に国の史跡に指定されました。
1977年(昭和52年)に復元工事が施行された後は、歴史資料館として一般に公開しています。館内には、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らの朱印状、名奉行として知られた大岡越前守の漁場の裁許書、日本人の手によってはじめて太平洋を横断した、咸臨丸(かんりんまる)乗組員の遺品など、塩飽の歴史を物語る資料が展示してあります。」

TEL:0877-27-3540
営業時間:9時~16時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料:大人200円/小人100円

Google Mapで見る
BAC53D3A-13E2-49CD-9011-F96546BD13A2.jpeg
撮影日:2019/10/22  

さぬき瀬戸しまネッ島👈(一部引用)

結構本島は芸術祭作品だけではなく、もっと奥が深く面白いところです。


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島6〜

Posted by ROKO on   0

AFE3116E-368F-4487-B9AE-4091811F7033.jpeg


作品No. ho08

産屋(うぶや)から、殯屋(もがりや)から
繰り返される“生と死”をみつめ、過去から未来へつながる作品。島で感じた空気や大地から湧き出すエネルギーを作品に置き換え表現した。
古郡 弘

977FC83E-E0AE-4820-B766-363AEFDDD533.jpeg
B0A8ED81-0C84-490A-A6F0-F536337CEA54.jpeg
撮影日時:2019/10/22      13:55

中心の暗くなっている、女性が見ている先に進むと最初の写真の大きな作品が神秘的にありました。

訪問ありがとうございます 😊


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島5〜

Posted by ROKO on   0

瀬戸内芸術祭 本島「笠島」


作品No.ho 10
Moony Tunes

大阪城石垣にも使われた本島の石を用いて、潮の満ち引きを作る“月”を表現した空間で宇宙との関りを表す。
ツェ•スーメイ

78108376-8AFB-4472-A4B8-F2B4C8FCCCF0.jpeg

829FE9C6-7BEB-4D6D-B267-A37AD65F8E30.jpeg

90191B07-7EED-42E5-9B57-8C45D7962AA2.jpeg

2E9E57DA-A773-4E3A-9794-30C89F8950BC.jpeg

E600477E-8EB9-4794-B021-7552B3E62D18.jpeg
撮影日時:2019/10/22        13: 12


訪問ありがとうございます。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島4〜

Posted by ROKO on   0

瀬戸内芸術祭 本島

作品No.ho11

20191103065807395.jpeg201911030658101a2.jpeg201911030658133bf.jpeg20191103065808aba.jpeg201911030658111a7.jpeg
撮影日時 : 2019/10/22.  13 : 06

本島地図(パンフレット)👈


訪問ありがとうございます😊


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島3〜

Posted by ROKO on   0

D1411C35-D7F3-45D2-8696-FB5CABF5F729.jpeg


作品No. ho13

水の下の空

風で揺れる、砂をまとった船

作家は島で漁師の重労働や造船技術を知り、また文化をかたちづくった時の流れを感じたことで、和船を思わせる立体作品を制作。船底には古い網やロープがもつれ合い、幻想的な町のようなレリーフに。


アレクサンドル・ポノマリョフ

E7833077-7E57-4124-83A2-C2E6F344676D.jpeg

本島港より1番遠い場所に位置する作品です。

バスで下る方々の列、笠島北バス停

1BD14144-1253-4EE2-B005-4492BFDCB59F.jpeg

ここから私たちは、徒歩で下ることにしました。

因み、この日の本島で歩いた距離は、8㌔程で有ります。

まだまだ体力がたくさん充電できているときです。私の体力ゲージ97%(笑)

訪問ありがとうございます😊

本島地図(パンフレットより)

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島2〜

Posted by ROKO on   0

78B97303-7942-4AF5-B93E-2012476BF014.jpeg


作品No. ho03

そらあみ<島巡り>👈

五十嵐靖晃
島から島へ、海のつながりを広げる漁網本島、牛島、広島、手島、小手島、高見島、佐柳島、志々島、粟島で漁網を編むワークショップを開催。島に暮らす漁師や一般参加者が秋会期に向けて編み上げた漁網を、春会期に制作したものとつなげる。全長120メートルとなった漁網を泊海岸の波打ち際に垂直に設置。天候の移り変わりと潮の満ち引きによって見え方が刻一刻と変化する。漁網を編むことで、人と人、海や島の記憶をつなぎ、網の目を通して土地の風景をとらえ直す。


B9D4E036-387F-4CFE-8619-AF79FB8DCB4C.jpeg

春会期に行った沙弥島👈を思い出しました。

事前に何も調べず娘が行こうと言うがままついた来たので、ここに「そらあみ」があったのでちょっとびっくり‼️

BBB40E69-2610-4144-B6CF-8A1ABEB4F26F.jpeg

ここ本島では、海からの風が心地よ吹き抜けていました。

天気快晴で私もhappy気分😍

B839BB5E-0EB4-44BA-80FA-AA99057B1BE5.jpeg


撮影日時:2019/10/22    12:04

訪問ありがとうございます。😊




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜本島〜

Posted by ROKO on   0

撮影日時:2019/10/22   11:23

03A50DCE-8CB3-4A6B-92C1-4DC5C74B2286.jpeg

作品No. ho01

Vertrek「出航」  👈  

往年の航海を思わせる鋼の彫刻

日本で初めて太平洋を往復した咸臨丸には、塩飽諸島出身の船員が多く乗船していたという。これにちなみ、帆を上げ宙に浮く咸臨丸の彫刻を設置した。

石井章(いしいあきら)



久しく行っていません出したが、秋会期、瀬戸内芸術祭に行って参りました。🤗

1E81A5AF-7783-4E5F-B1D0-CD18095F9028.jpeg

丸亀港10時40分発のフェリーに乗船、本島港11時15分に到着

まず No.1を見ました。

そして、腹ごしらえをしてから気合いを入れることに…

本島港すぐお隣の『本島 STAND』👈で、

44065568-BAB1-4A4A-83E5-7F542D477EFA.jpeg


646B8C26-CFD8-4B93-B9F3-E8AF0E29D923.jpeg

島東側ではどこからでも瀬戸大橋が見えていて良い眺めです。

46ED9BED-5F7E-499A-9CA0-95EE67828FF0.jpeg

バスを使うか?、自転車で回るか?
自転車もいいかなと思ってレンタルサイク屋さんで見てみると、
カッコいいマウンテンバイクだけ残っていて、
私が乗れるよなママチャリが1台も残っていませんでした。残念。

バスと徒歩で頑張るぞー💪
次につづく

訪問ありがとうございます😊



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜高松港周辺〜

Posted by ROKO on   0

201909121652295fe.jpeg
撮影日時:2019/08/24  13:44

20190912165231e6a.jpeg

作品No. tk06

北浜の小さな香川ギャラリー うちわの骨の広場

7000枚のうちわの骨による瀬戸内海の表情

丸亀市で職人の手によって丁寧につくられる「丸亀うちわ」。作家はうちわの骨・約7000枚を用いて、一見穏やかに見える瀬戸内海の場所ごとに異なる潮の流れやそれによって生まれる様々な表情を意識した空間作品を展開する。
協力=香川県うちわ協同組合連合会

西堀隆史

201909121652304b1.jpeg

よくよく見ると小さな時から見慣れたうちわなので、ちょっと触ってみた。



とてもこの 北浜alley 👈で目を引く作品である。


20190912165233db3.jpeg

何故だか くまモン人力車が高松にいた。

20190912165234586.jpeg

訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸〜高松港周辺〜

Posted by ROKO on   0

北浜の小さな香川ギャラリー

201909051653532df.jpeg

tk07

 LEFTOVERS 👈作品情報

KOSUGE1-16


20190905165354afb.jpeg

香川の庵治石を使っているとか、
とても重量感があり北浜アリーにとても似合っていました。

20190905165356e99.jpeg

ニコニコマークの帽子にまわりから
「可愛い❗️」と

訪問ありがとうございます。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸〜高松港周辺〜

Posted by ROKO on   0

北浜の小さな香川ギャラリー

撮影日時:2019/08/24  13:17
20190905155930ead.jpeg
作品No. tk08

香川漆芸👈作品情報

香川の伝統工芸 を展示しました。

20190905155935729.jpeg


作品No. tk09

20190905155931df1.jpeg

香川大学工学部の人たちがお手伝いをしていました。
くじを引いて当たった方にはこのうどんが食べれるという事でしたが、
たまたま昼食をとったばかりだったので、
くじ引きは女性の方々はパスしたのですがその中で1人の男性が手を上げました。
大当たり❗️
周りみんなで拍手👏

20190905155933e14.jpeg

ちゃんと大きな目で顔があるところに感動(笑)

訪問ありがとうございます。

夏開催の瀬戸芸は、8月25日(日)が最終日でした。
次の開催日は、9月28日(日)〜11月4日(月)です。
秋は気候が良いので絶対におススメです。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

〜直島総集編〜

Posted by ROKO on   0

20190830001313c64.jpeg

撮影日:2019/07/27
穏やかな青い海と澄み渡る空 

201908300013492f1.jpeg

小さな島に3ヶ所の美術館、そしてたくさんのアート作品が光る島、『直島』

20190830001346c4e.jpeg

かわいいバスに乗ること、30分余りでまわることができて、
1回の乗車100円とお安いのでメチャお財布の優しい。

2019083000134452b.jpeg

こころ 開放 バーン 

2019083000135034f.jpeg

本当は、「直島」にこの日来たのには理由がありました。
瀬戸芸作品を見ることもありますが、それだけではありませんでした。
7月の土日に開かれていた香川写好クラブさんの『UKー6写真展』を是非見たかったからです。
上の「ギャラリー鳩屋さん」で開かれていました。
ステキな作品がたくさん飾られていて、その上無料でなかなか撮ることの出来ない写真を頂くこともでき本当に行ってよかったです。また、次回は来年の6月に開くことが決まったようなのでまた私の楽しみが増えました。ウフフ…

訪問ありがとうございます。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜直島(昼食)〜

Posted by ROKO on   0

20190827084442c08.jpeg

撮影日時:2019/7/27  13:10

島宿玄米心食 あいすなお👈🏠をリンク
2006年オープン。
直島本村地区にある築約90年の古民家を改装した和食ごはんやさんです。
岡山産のオーガニック玄米を使って炊いたモチモチ『酵素玄米』が自慢。
お野菜いっぱいのおかずと一緒に頂く玄米菜食ランチ「あいすなおセット」が一番のオススメ♪

201908270844446ec.jpeg
(ここまでは「玄米心食 あいすなお」ホームページから一部引用)

20190827084441b13.jpeg

朝の高速船の30分間のあいだに友と
「何処でなに食べる?」
女子の楽しみな重要ランチタイムをここに決め、
島に入ってから時間を調整させながら行動して作品を見てまわりました。
昼食難民にならなくてよかった。
大豆味噌スープが珍しくて美味しかったです。

夏会期(あつまる夏):7月19日(金)〜8月25日(日)が終了してしまいましたが、わたくしのブログの中ではまだ終わりません、まだまだ続きます。


訪問ありがとうございます。
今後とも引き続き、ご贔屓を賜りますようお願い申し上げます。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜直島で知り合った女性〜

Posted by ROKO on   0  0

20190815145012c5b.jpeg

李禹煥美術館👈(クリック)

(リ・ウーファンびじゅつかん)


1人旅の女性から写真のシャッターを頼まれました。
娘くらいの年齢の可愛い女性でした。
私も、
「ブログの載せるので、モデルになってくれるかなあ」
女性
「いいですよ」
と、撮らせてもらいました。
が、何とタイミングよくどこにいたのか お兄さんが入ってしまいました。(笑)
美味しかったのに残念!
突然にハプニングはやってくる。

20190815145014278.jpeg
201908151450177ae.jpeg

やっぱり美術館では、私のようなおばさんより

オシャレな若い女性の方がよく似合う(笑)

20190815145015634.jpeg
ここは、美術館の入り口、後は撮影禁止❗️

最後は、近くの海岸より
20190815145011f47.jpeg

撮影日時:2019/7/27.    10:41

訪問ありがとうございます😊


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜小豆島〜「小豆島の恋」

Posted by ROKO on   0

201908071647269c1.jpeg


近い道があるのに何故だか私たちは、暑い中2㎞くらい頑張って歩くことになりました。
前から帰ってくる女性に遭遇、
私   :「まだまだですか?」
女性:「だいぶんありますよ。
            でも行くと頑張って良かったーと思うくらいの作品がありますよ。」
私   :「そうですか、もう限界に近いですが頑張ります。」
女性:「笑」
私   :ヨレヨレの声で「ありがとうございます。」

見えたー‼️、やっと これは、でかい作品です。🧐

20190807164733fd9.jpeg


作品No. sd08

小豆島の恋👈

ワン・ウェンチー(王文志)


10年にわたる地元の思い出の場所に巨大ドームを今回も発表

芸術祭1回目から、膨大な数の竹による巨大ドームを発表してきたワン・ウェンチー(王文志)。地元との付き合いは10年が経つ。作家にとって中山は自分の第2の故郷と同じだ。今回の作品は、地元の人々への感謝と思いを込めて仕上げる。
協賛=株式会社レクザ
助成=中華民国 文化部
協力=台北駐日経済文化代表処

(瀬戸内芸術祭サイトより一部引用)


201908071647314ee.jpeg20190807164730e0f.jpeg

竹に癒し効果あり、
たくさんの人達が思い思いに休んでいる中、
特にカップルがここは、目に付く!
作品名が、『小豆島の恋』と言われるせいにあるのかもしれないですね。

20190807164728a8f.jpeg20190807164727323.jpeg

行きは、帰れないかと思うくらい暑くて、しんどくて、水がぶ飲み状態だったのに、帰りは何故か疲れを忘れて、遠い距離が半分ぐらいに感じた。何かの力が宿ったのだろうか 笑。(^_^)

訪問ありがとうございます。

次の瀬戸芸は、直島からお届けします。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜小豆島〜「巨大な根っこ」

Posted by ROKO on   0

20190804100042bc2.jpeg

撮影日時:2019/7/21   13:24


作品No. sd37

小豆島の木👈

木の根を見せ、地中にいるかと錯覚させる

小豆島北部で伐採された木に着目したインスタレーションを発表。

薄暗い空間で掘り起こした木の根を見せる。

鑑賞者はあたかも地中にいるかのような錯覚を覚える。


201908041000389f4.jpeg20190804100039726.jpeg

これだけの木の根、どのようにしてここに運んだのだろうか、
切ることもせず、折れることも考えられるが、何処にもそのようになっていない凄いです。
あたかも、この屋根の上には緑豊かな大木を想像させ、地中深くに私たちがいるような感じになりました。
また、歳を重ねて長く伸びる根が木を支えるように、人を支えている経験や重ねた人生のように例えられて見えてくる感じがした。

201908041000413ce.jpeg

でも、この夏会期の瀬戸芸を回るのは 暑かったぜよ!💦
訪問有難うございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜小豆島〜『国境を越えて・波』

Posted by ROKO on   0

20190731002342dc4.jpeg
綺麗な竹のアートの小道を抜けて行くと現れてきます。

作品No. sd36

国境を越えて・波 👈

堤防の内側の広場に数千本の竹による海洋生物を造形

数千本の竹を使い、丸くてふわふわとした海洋生物を造形。風に揺られ動くその姿は、3年前にこの海岸から故郷へ帰った世界の子供を招いているよう。作品内部に入ると、神聖な空間があり、太陽の光が竹の隙間から差し込み、海風が吹き抜ける。海に目を向けると、水平線を歩いて戻ってきた世界の子供のひとりが見える。
助成=中華民国文化部
協力=台北駐日経済文化代表処、新北市淡水小学校

201907310023430f0.jpeg2019073100234628a.jpeg
入り口から入るとブランコがあります。
私はこの様なことは出来ないので娘にバトンタッチです。
2019073100242955b.jpeg
入り口の反対側には、ベランダの様に突き出た所から瀬戸内海が広がっている。
2019073100234762f.jpeg
そこで、ハイ、ポーズ‼️(笑)
201907310023490c5.jpeg
海の中には、『国境を越えて・潮』の子供達の1人3年ぶりに帰って来ているということでした。が、潮が満ちている時間だったので見ると海面から顔が半分くらい見えたり隠れたりして、溺れたような状態だったので … 怖っかた。(笑)
20190731010301a02.jpeg
潮が引いていれば、良い写真が撮れたのですが、どうもです。
また、見ようによれば面白いかもね。😁
最後は、穏やかな瀬戸内海です。
20190731002347156.jpeg

訪問ありがとうございます。
私的に、ここはとても気に入りました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜小豆島〜『迷路のまち』

Posted by ROKO on   0

撮影日時:2019/7/21   9:53

201907302259000b2.jpeg
路地の向うに、行列が …


作品No. sd04

迷路のまち~変幻自在の路地空間~👈

複雑で細い路地の町を迷路のように巡る

家屋の外壁を室内に延長させ、建物内部にまるで洞窟のように延ばされた路を制作。

歩いて体感することができる。
協力作家=柳生忠平

(瀬戸内芸術祭2019サイト引用)


20190730225901c10.jpeg

中に入ると迷路、外との空気穴が小さかったので暑さと息苦しさが、
でもね、汗が出るけどなんだか子供の頃に戻ったような感覚になり面白かったです。(笑)
201907302259020ed.jpeg

訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜小豆島〜 リーゼント

Posted by ROKO on   0

2019072913203877d.jpeg


作品NO.sd25
オリーブのリーゼント 👈(作品情報をリンクしています。)

娘が暑い中、日傘を置き一肌剥いで頑張って頭をリーゼントにしてくれました。
無人屋台の部分には、夏ミカンらしきものが置いたあったが、お金をどこに
入れたらいいかわからなかった。(笑)


次は、リーゼントの作品が制作されている現場
201907291320416cc.jpeg

まだいくつかのリーゼントが待機して 置いてあった。
2019072916003030c.jpeg

最後に、下の「長靴と緑のゴム手袋」なんか位置が面白くないですか。
壁の向こうに人が居るみたいな気がする。
(座っていたら後ろにお尻から落ちて、尻もちをついて 助けて❗️って感じに見える。)
これは、干してあるのか?芸術か?
201907291320399fe.jpeg
撮影日:2019/7/21(日)

訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 〜小豆島〜

Posted by ROKO on   0

201907230855032a5.jpeg
撮影日時:2019/7/21 8:19

高松港発8:02 の土庄行きフェリーで出発‼️
台風の影響もなく、上々の滑り出しです。


土庄港に着き
帰りはどこの港から帰るかわからないので
港駐車場に車を入れ早速その付近から見ることにしました。

瀬戸内芸術祭2019 👈

(作品情報は、リンクしていますのでお楽しみください。)
20190723085500e05.jpeg

作品No.sd02アートノショーターミナル 👈
作品の裏より階段があり、上の部分に顔を出して記念撮影出来ます。
体験型のアート作品です。
201907230922303d7.jpeg

見る場所によりバッチリ自分が映ります。
20190723085505d85.jpeg

この写真を撮るためにあるのではと想像しました。
2019072308545982d.jpeg
来た船がまた高松港に出航して行ったところです。

瀬戸内芸術祭作品以外のところもちらほら立ち寄ったので
また、その記事もよろしくお願いします。

訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸『女木島』〜娘より〜

Posted by ROKO on   0

2019071722241224d.jpeg


作品No. mg14

依田洋一朗

ISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」 

劇場内をペインティング、ロビーにはブロマイドも

古い倉庫を活用し、シアター仕立ての絵画と映像によるインスタレーションを発表。マンハッタンの懐かしい劇場の記憶を凝縮する。


☝️詳しくはこちらからご覧下さい。

201907172224131f5.jpeg20190717224839751.jpeg
娘が
2019/6/17(木)
仕事で研修に行ったときの写真載せています。
お土産なのでいっしょに楽しみましょう。


7月19日(金)〜8月25日(日)
が始まりました。楽しみがまたまた増えてしまいました。

訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸『男木島』〜娘より〜

Posted by ROKO on   0

20190701111136452.jpeg

作品No. og01

男木島の魂 

ジャウメ・プレンサ

船で島に来た人を迎える、港の半透明の空間。屋根にはさまざまな文字が組み合わされ、日中はその影が地面に映る。

瀬戸内芸術祭2019 サイトより一部引用)
☝️詳しくはこちらから
20190701111137382.jpeg

20190701111139f00.jpeg

一緒に現代アートを楽しみましょう。

訪問有り難うございます。(^_−)−☆



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸『男木島』〜娘より〜

Posted by ROKO on   0

20190707155343f15.jpeg

撮影日時:2019/6/27  14:29

作品No. og03

生成するウォールドローイング -日本家屋のために


村山悟郎
かつては商店だった築90年の建物、その内壁を埋めつくす壁画を発表。男木島に育つ植物をモチーフに、2種類の制作手法を駆使する。廃屋内にまるでツタが這うように、成長するドローイング。村山自身による現地制作をはじめ、2人1組による共同制作を展開する。
(瀬戸内芸術祭2019 サイトより一部引用)
☝️詳しくはこちらをご覧ください!

サイトの写真は、お家の2階のものですが、
今回紹介している写真は建物の1階です。


キムもお邪魔します。(笑)机の上に上がって行儀が悪くてごめんね🙏。
20190707155649e05.jpeg
(^。^)

訪問ありがとう御座います😊

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸『男木島』 〜娘より〜

Posted by ROKO on   0

201907011416171ef.jpeg
2019/6/27  14:11


作品No. og13

記憶のボトル 

栗真由美

島の人たちの思い出をボトルに封入し、小さなあかりをともす作品。

☝️詳しくはこちらから
201907011416160d8.jpeg

娘が研修で瀬戸芸に行った時に撮ってきた写真を掲載しています。

アップしながら私も行ったつもりのになり「現代アートの世界観」を楽しんでます。😊


訪問してくださった方々にも おすそ分け!

訪問してくれてありがとうございます。



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸 『男木島』〜娘より〜

Posted by ROKO on   0

20190701094330c44.jpeg

娘が、職場の研修で 期間中ではないのですが、
「瀬戸内芸術祭 2019」男木島、女木島へ行ってきました。
その時の作品写真をくれたので紹介します。

撮影日時:台風でどうなるのかと心配した 2019/6月27日 14:01

瀬戸内海に浮かぶ小さな島『男木島』に展示してある作品から少しずつ紹介します。



作品No. og07

The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)

川島猛とドリームフレンズ

川島猛がニューヨークで20世紀後半に作っていたキャンパスの下絵に、2016年帰国後加筆した作品群(宇宙シリーズ)。2001年のアタック以来長年主にモノクロームのカレード・スコープを数百点制作してきたが、帰国して毎日見る、瀬戸内海の風景の中で、川島らしいカラーが復活してきた。最初は遠慮深く色が入ったが、次第にカラフルさが増し、現在の作品群になった。もとより、川島猛の作品全体に宿る有機的な形の源は人間である。これらの原画とプリントを男木島の古民家の天井壁床360度に展開し、作品のモーション映像も上映、作品の中に入って鑑賞する。80〜90年代後期の川島作品を目にした子供たちからは音楽が聞こえる!と多く感想が寄せられた。今回の展示作品では、どんな感想が寄せられるのか、楽しみだ。

男木島、瀬戸内芸術祭サイトより一部引用)

☝️詳しくはこちらをご覧ください。
201907010943297ba.jpeg

201907010943285f5.jpeg

他にもたくさんの作品がありますが、全部の写真は撮ってないようです。
有りったけ 少しずつ ボツボツ紹介して行きたいと思います。
一緒に現代アートを楽しみましょう!

訪問有り難うございます=(^.^)=


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

「瀬戸内国際芸術祭 3 高松」屋島山上

Posted by ROKO on   0 



20190514082114842.jpeg
撮影日時:2019/5/12(日) 14:53

瀬戸内国際術祭 👈 「高松」」で紹介されている作品を見に行った。

N o. tk17    『S .F(Smoke and Fog)』
金氏 徹平 作品

2019051408232934a.jpeg

2019051408233185a.jpeg

20190514082332604.jpeg

20190514082328f23.jpeg

屋島には、まだ2つの作品が「四国村」」の中にあるが、
1つが秋の公開なので、秋に行くことにした。
四国村に入るのに入館料が必要なので同じ時期の方がセツヤク、節約❗️
へへへ…

ココ、高松の名所である「屋島」👈から

下の写真の真ん中の山 「五剣山」👈が望めます。

2019051408240587c.jpeg

屋島山上より見た瀬戸内の島々 ⤵︎

20190514082404c87.jpeg

最後は、注意‼️  小枝のような虫、大発生❗️
小枝に失礼だと思いますが、チョコレートの小枝食べられねーよ。

言い方が悪すぎなので リベンジして良く言うと、
糸を抱えて可愛いと言えばいいか?
やっぱり無理無理  尺取り虫の茶色版か?

20190515224546b93.jpeg

日傘か帽子が大事だと思った。ヤバイよヤバイよ‼️

そこら辺で 糸を垂らして、ブラブラしてた。

訪問有り難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸(沙弥島) 2

Posted by ROKO on   0  0

前回からのつづき〜
[sm 10]藤本修三 屋外作品

瀬戸大橋と作品、そして通りすがりのおじさんがいい感じです。

撮影日時:2019/4/29  11:20
2019050114573263c.jpeg 20190501145800dd5.jpeg

瀬戸大橋記念館のカフェの窓に映る作品 ⤵︎ 20190501145816d48.jpeg
ツツジがとても綺麗に彩りを添えています。 201905011458345bc.jpeg

カフェの中へ、
ここは、香川大学さかいで沙弥島プロジェクトが経営する
『Hashi カフェ 』201905011458554d1.jpeg
1日5食限定メニューの定食とオレンジジュースを頼みました。 
大学生が頑張って作ってくれた価値のある御飯有難く頂きました。
たぶん、経済学部の子たちかな、と思いました。
ゴールデンウィークなのに実家に帰らず、いろいろ案出合ってみんなで協力して、香川県の為頑張ってくれて ありがとう‼️
201905011459046a3.jpeg

最後は、大久保諶之丞 像 の足元からの瀬戸大橋の眺め❗️
2019050114592416c.jpeg

 1889年明治22年)5月23日 - 
香川県議会議員の大久保諶之丞讃岐鉄道開通式での祝辞で
瀬戸大橋の架橋を提唱  (ウィキペディア引用)201905011459484e8.jpeg
 
今年は、作品鑑賞パスポートを事前購入していたので
機会を作り頑張って たくさん行けたらいいと思っています。

訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

瀬戸芸『沙弥島』

Posted by ROKO on   0  0

撮影日時:2019/4/29  9:57
20190429220100186.jpeg 

2019瀬戸内芸術祭(春) 『沙弥島』へ行って来まいた。

説明

沙弥島は香川県坂出市にある町。かつては瀬戸内海に浮かぶ塩飽諸島の島であったが、1967年12月に番の州工業地帯の埋め立て造成により地続きとなった。現在は隣接して瀬戸大橋記念公園が整備されている。環境省による快水浴場百選にも選定されている沙弥島海水浴場は、夏に海水浴客で賑わう。ウィキペディア引用!

芸術を堪能していただきたいです。

2019042922005762c.jpeg

スタンプ  No.1をゲットしいました。
 20190429220059dd0.jpeg
 
 20190429220102af9.jpeg
 20190429220104319.jpeg
 20190429220106f03.jpeg
 
芸術も素敵ですが、ここ『ナカンダ浜』からの瀬戸大橋の景色も最高でした。

20190429220103180.jpeg

この日は、昼2時頃から雨  になり ギリギリセーフで
傘の必要性が無くて良かったです。やれやれ ƪ(˘⌣˘)ʃ でした。

つづく

訪問ありがとうございます。

 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
☝️をクリックをお願いしますヽ(^o^)
にほんブログ村に参加中

このカテゴリーに該当する記事はありません。